FC2ブログ
社長日報
代表取締役 濱口隆文の日報
プロフィール

濱口 隆文

Author:濱口 隆文

アイティーアイ・コンプレッサ株式会社
代表取締役 濱口隆文です。

2015年9月12日で46歳となりました。

日本全国とASEANで工場やビルのユーティリティーの省エネ・保全管理のソリューションを行っております。

週に数日は、地元か滞在先のバーにおりますのでお声がけください!


弊社WEBサイトに本ブログのバナーを設置しております。
是非、お気に入りに追加してくださいませ。↓

アイティーアイ・コンプレッサ株式会社

コンプレッサ関連及び会社の新着情報はFacebookをご覧ください。

ITICOMP facebook



訪問者数



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



2009年3-4月 出没予定
出張の日程がほぼ出ました。

3月30日(月) 
【午前】移動
【午後】秋葉原で打ち合わせ & 埼玉で現地調査
【夜】予定なし。(宿泊は横浜)

3月31日(火)
打ち合わせ2件 関東方面受付可能 ご連絡下さい。

4月1日(水)
【午前】福島県に移動
【午後】打ち合わせ と プレゼン (時間調整中)
【夜】予定なし。(郡山か仙台に宿泊調整中)  

4月2日(木)
【午前】福島県にて測定とプレゼン
【午後】東京へ移動。& 赤坂で打ち合わせ
【夜】 代理店主催の懇親会に参加

4月3日(金)
終日 神奈川県秦野で 制御調整
【夜】 予定なし

4月4日(土)
午前・午後 秦野で制御調整
夕方 神戸へ移動

予定調整できます。
打ち合わせ プレゼンなど ご要望ございましたら 連絡下さい。


アイティーアイ・コンプレッサ HP
スポンサーサイト



アンチ-ESCO事業者
日刊工業新聞によると、経済産業省は4月以降で地方の信用金庫とESCO事業者が連携し省エネ提案するシステムを構築する予定。

経済産業省傘下の 財団法人の省エネルギーセンター が推進するESCOとはEnergy Service COmpanyの略。ESCO事業とは、工場やビルの省エネルギーに関する包括的なサービスを提供し、それまでの環境を損なうことなく省エネルギーを実現し、さらにはその結果得られる省エネルギー効果を保証する事業です。また、ESCOの経費はその顧客の省エネルギーメリットの一部から受取ることも特徴となっています。

メリットは
1.初期投資はなし
2.契約期間中のガスや電気料金などの削減分より月々費用を支払う
3.削減金額から月々費用を差し引いた金額がメリットとなる。
4.削減効果が出なかった場合 費用を保証し対策をする。
5.契約終了後、削減効果全てが利益となる。

デメリットは
1.費用には長期金利が含まれていて一括購入よりも高額となる。
2.ESCO事業社の殆どが自社作業ではなく各機器メーカーに委託するブローカーでマージンがONされている。
3.契約期間中に新技術による省エネが出来たとしても移行できない。
4.効果保証が足かせとなり大きな効果が出るところしか提案しない。
5.もともと消費電力の小さな工場は対象外となっている。
6.工場の移転や閉鎖時に違約金が発生する。(調査中)

などがある。

実際、金利と手数料のため長期契約が殆どで10年以上の契約が多いように感じる。

例えば3年で回収できる内容の省エネ提案を金利と手数料で合計で2倍以上の費用となり、10年で分割するようなイメージだ!

500万の内容が10年で1000万前後支払うことになる。少々効果が出なくても効果保証を受けた金額が500万以下であれば十分に特になる。

経済産業省お墨付きブランド業者によって新規開拓を優位にすすめ、確実に省エネ出来る企業を選りすぐり、金利と手数料がONされる!?

と 私はかなり否定的ですが、ここまでしないと決済がおりないのも実際のところです。

地方で中小企業と信用金庫と連携し、どのような展開をするのか また、どのようにバッティングするのか 興味津々!

過去のESCO事業をみていると、末端のサービス店をすっ飛ばすような 事業体型になりがちです。

ちなみに アイティーアイ・コンプレッサとしては 独自の展開を地方の協力会社と進めて行きます。


業界関係者の方 ご協力をお願いします。

アイティーアイ・コンプレッサのHP
ダウン
ダウンしました。


風邪がぶり返したようです。

午前中 吐きっぱなしで 

頭痛がひどく 下半身に力が入らず

寒気がするので 早退して 寝てました。

平日の昼に家で寝るのは数年ぶりです。


もう歳なんでしょうか?

厄年のせい?


来週は神奈川・東京・横浜・福島・仙台の予定です。

では、寝ます~
神戸にて制御試運転
金曜 土曜と神戸営業所で制御盤の試運転と改良を行いました。

神戸営業所には複数のシーケンサと複数PCを同時に実機テストが出来る機材を用意しており
PRESAGE-SYSTEM(盤間通信によるシンクロ制御システム)のテストが可能です。

制御盤の試運転は以外に場所をとり事務机で2つ分に機材を広げっぱなしで数日間ぶっ続けで実施し終了しても次のテストが現時点で約半年分くらい溜まっていますので片づけることも出来ません。

むき出しの機材を配線し 最大3台のPCと4つのモニター画面で同時に試験できます。

土・日・祝・夜間や作業員が全員出動している時など、一人で長時間、事務所に閉じこもっているので広い尼崎の事務所より空調料金が神戸の方が安くなります。さらに、神戸営業所は自宅から片道150円でドアtoドアで約30分。尼崎営業所には車で片道で2500円以上で約45分かかり、電車+バスだと470円で約60分かかります。

と 言うわけで スペースの問題・コスト削減・移動時間短縮の目的で研究開発を神戸でしています。

阪神間にお越しの際は、ご一報頂ければテスト機にてデモも可能です。

お気軽にご連絡下さい。

アイティーアイ・コンプレッサHP
激務中の風邪
日曜日神戸を発ち 月曜日神奈川県の秦野で制御試運転。

その後、小田急ロマンスカー30000形 EXE に初乗車 新宿へ移動。

画像0918 291
(他にも乗客がいるので、天井を撮影)

pict_r30000[1]
(外観はこんなやつ)

火曜日は 東京西営業所でシーケンサの講習会後 赤坂見附の代理店で打ち合わせをし

水曜の朝 喉がいたく、徐々に鼻もむずむず 

風邪だと思っていましたが、「花粉症じゃねーの?」 と指摘され 

どっちなんだろ~ 


秦野制御工事 第1部完
神奈川県 小田急秦野駅が最寄駅の部品メーカーでの
空気圧縮機台数制御工事の四日目です。

朝 鶴見の事務所を 5:55に出発

昼食の15分を除き 立ちっぱなしの作業と でかい工場内を行ったり来たりで 約9時間ぶっ続けの作業でした。 

17時30分に現場をでて、自宅に帰るため羽田空港に移動しましたが

な、なんと

神戸空港 強風の為 羽田発神戸行きが 欠航!!

それも 羽田まで来て判明  がーーーんっ!!(;◇;)

急遽、新幹線に切り替え品川駅に移動し 

新幹線で新神戸 22:58着

自宅に23:45着 

ちなみに 土日 神戸・尼崎で 制御試験を行い

月曜の工事に備え 日曜の夜に神奈川へ移動し前泊します。 
無理矢理仙台気分
画像0918 277

北越工業・東北支社に寄らして頂きました。

外観もですが、中もかなり綺麗です。

屋外仕様のエンジンがけオイルフリー機が2台もレンタル機で置いてました。

その後、新規打ち合わせでもう一社行き、
仙台を後に

画像0918 278

あーーー 仙台に来て 牛たん食べなーーい!!

と言うことで 無理矢理 駅弁っ

画像0918 279


画像0918 284

網焼き牛たん弁当っす。

正直、味は普通... 専門店にいかねば!


アイティーアイ・コンプレッサのホームページ TOPをリニューアルしました。是非ご覧下さい
仙台上陸
画像0918 275

寒いって!!!

今朝、神戸空港から羽田空港に移動し 弊社代理店の赤坂見附のアーバーンシステムさんで
打ち合わせをし、仙台に移動しました。

神戸、東京とも風がなければ結構暖かく

仙台で新幹線はやてを降りて寒さにびっくり

「えーーーー 寒いっ」

仙台をなめてました

装備が甘かった、、、 鼻水がたれ 手がかじかみます


でも 仙台の人も今日はものすごく寒いそうで

新潟から来た方も 寒いと


僕が はずれ(?)みたいです。

さみーー。

エコノミックはまぐち
賛否両論あるでしょうが ご意見はコメントお願いします。

一般製造業(家電・機械・電機)を中心とする不況は
3~4月が底となると僕は現時点で予測しています。

取引先などの情報をまとめると、
昨年12月頃より生産が18~50%前年同月比で
低下しています。
※これは生産調整であって売り上げはもっとひどい状況となっているようです。

結果として12月付近までに生産の減産シフトが遅れたために、過剰在庫が発生。
そのため、最小限まで減産し 3~4月まで生産調整を行い、5月前後から
適正在庫に向けた若干増加生産にシフトする。

今回の連鎖不況、海外(輸出)の依存度が大きさがポイントになっているので
内需だけのシフトで考えると今後前年同月の半分以下くらいの
推移が5月以降あるのではないかと僕は予想(期待)しています。

高速道路で100Kmで走ってた車が渋滞に気付かず、
急ブレーキ後 10kmでのろのろ運転をして、一旦高速道路を降りて
一般道で40kmで走行する。といったイメージ。
(高速道路=海外輸出に依存した経済、一般道路=内需経済、スピード=生産量・売上)

結論、3月末までは仕事は激減!4~5月から前年同月比の30~40%の工場稼働が
数ヶ月間継続する。復調のきっかけは米国経済に同調。おばまさん&米国がんばれ~!
その時期については現時点で正直わかりません。

コンプレッサなどのユーティリティー稼働時間も当分の間、半分程度になるのでしょうし
新規購入も当分延期!?

ならばメンテナンスでしのぎましょー!

アイティーアイ・コンプレッサの ホームページ TOP リニューアルっす