FC2ブログ
社長日報
代表取締役 濱口隆文の日報
プロフィール

濱口 隆文

Author:濱口 隆文

アイティーアイ・コンプレッサ株式会社
代表取締役 濱口隆文です。

2015年9月12日で46歳となりました。

日本全国とASEANで工場やビルのユーティリティーの省エネ・保全管理のソリューションを行っております。

週に数日は、地元か滞在先のバーにおりますのでお声がけください!


弊社WEBサイトに本ブログのバナーを設置しております。
是非、お気に入りに追加してくださいませ。↓

アイティーアイ・コンプレッサ株式会社

コンプレッサ関連及び会社の新着情報はFacebookをご覧ください。

ITICOMP facebook



訪問者数



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



阪神鳴尾酒 ~Dining Bar OLD ZERO~
画像0918 255

阪神甲子園駅と阪神鳴尾駅の間の線路沿い南側(鳴尾駅寄り)に

「OLD ZERO」というバーがあります。

昔、僕が20代のころ 鳴尾駅の北側徒歩数分のところに「ZERO」というバーがありました。

私は結婚するまで鳴尾に住んでいたのですが、地元では有名なバーで よく行っていましたが

一度 店を閉め、その後 しばらくして 今の場所に「OLD ZERO」として復活した

老舗のバーです。

カウンターだけの ショットバーで7~8席くらいのキャパです。

オーナー・バーテンダーの藤本さんの作るフードがものすごく美味く

特にカレーは自身でスパイスを調合する本格的なもので、カレー専門店レベル!

季節毎にフレッシュフルーツをボストンシェイクするカクテルが女性客に人気です。

兵庫医大や武庫川女子大の先生や学生なども常連みたいです

JAZZが流れる落ち着いた感じのバーですので、3人以上で騒ぐ方は遠慮して欲しいですね。

ちなみに 自宅は阪急沿線で僕の会社(アイティーアイ・コンプレッサ㈱ HP)も阪急園田と言うことで普段は阪急一本で帰れるので すごく遠回りになり しばらく寄れなかったのですが 最近フードメニューが更に充実とのことで ご飯だけでも寄ろうかと思ってます。


定休日:無休
ホームページは制作中
スポンサーサイト



三井精機工業 展示会
三井精機工業の展示会が 大阪で 2月26日 27日 大阪会館で行われた。

i14000シリーズ 15KW 2台、37KW1台 
ZV08AS 1台
新型エスカル ESCAL46 1台

だけの展示に 三栄工業の水すまし
(工作機械)5軸加工機のパネル展示

新しいさががない..

エスカルは 1月にモデルチェンジしているが
実際、不評(?)だった ドライヤーを変更し 少しコンパクトになっただけ

i14015Aは わずかに横幅が小さくなったコンパクトモデルを展示していた。

ちょっと さみしい



 
コペンハーゲン 須磨グルメ
画像0918 229

JR須磨駅 北側ロータリーの直ぐに コペンハーゲンというホットドッグ屋さんがあります。

いろんな種類のホットドッグがあるんですが、最近テレビで紹介されたようで

日曜日は 激混みでBASICなコペンハーゲンドッグ(320円)しか販売していませんでした。

画像0918 231

芦屋の超有名店 ビゴのパンを使用し

デンマーク直輸入のソーセージを30分ほどスープで煮込んだモノを使用。

ガーリック・ローストとキュウリがトッピングされ

マスタードの様に黄色いタマゴ風味のソース(マヨネーズかも)が入っていて

ホットドックとは思えないほどの濃厚感です。

超おすすめです。

その他のメニューは
・サーモンサンド
・イナバドッグ(フランスパンにチリソース)
・松っちゃんドッグ(カレーキャベツ&ジャンボソーセージ)
・ハンセンドッグ(ピリ辛ソーセージ)
・ヘリンサンド(デンマーク産ニシンを使用)
など


コペンハーゲン
078-733-1783
定休日 月曜
営業時間は 11:00から21:00 (7月、8月は22時)
泉佐野市(大阪 関空付近)グルメネタ
関西空港連絡橋(本土側)のりんくうJCT付近に「りんくうプレミアムアウトレット」(チェルシー)があります。

アウトレットモールから車で5分、南海本線「羽倉崎駅」から府道248号を26号線向きに徒歩約3分の道路沿いに三平寿司があります。

名物 あなご天ぷら 
かりかりの衣に揚がった穴子の天ぷらに大量の青ネギをのせ醤油ダレをかけたものです。
とにかく食べてみて下さい! 

他のお店の穴子の天ぷらとは完全に違います!


大きな地図で見る

三平寿司
大阪府泉佐野市羽倉崎上町2丁目3450-2
南海本線 羽倉崎駅 徒歩3分
072-465-1682
11:00~22:00
水曜定休 


【僕の会社HP】泉佐野付近も対応!工場の省エネなら アイティーアイ・コンプレッサへ
東海道新幹線の指定をとる時
僕が 東海道新幹線の指定をとる時のポイントにしているのは

新幹線のホームはグリーン車付近(ホーム中央)に
階段やエスカレータなどが密集しているので
7号車や11号車から順に不便になっていくです。

ちなみに11号車の10~13番の席は、車椅子用に左右2列づつで
通路が広く、真ん中の席にはならないのですよ。  

画像0918 212

↑ほら 広々通路

進行方向の1列目はN700系と700系後期車両だと コンセント使い放題!

電話がかかってきたら、すぐにデッキに出れるので1列目&通路側を選択。

ちなみに、デメリットはデッキとの間のドアが頻繁に開閉するので落ち着かないのと
掲示板を見るのに真上すぎて首がいたい。
鉄マニアに言わせると、車輪がドア付近の下なので振動が一番大きいとか...
新富士出没
画像0918 203

2月18日 新富士駅に行ってきました。

省エネ提案のクライアントで再調査です。

画像0918 208

クライアントの敷地を出たところで 富士山が見えます。
普段神戸にいると 六甲山しか見ていないせいか
でっかーーーい としか言いようがないです、さすが富士!

画像0918 204

南向きでは 土筆 が群生してました。

群生してる土筆を始めてみました!

どうやって食べるんだろー?
五反田グルメ
p011606_1_S2[1]

(YAHOO グルメから拝借)

お薦めの店を紹介してもらいました。

東京の JR五反田駅から徒歩7分くらい
東急池上線大崎広小路駅 徒歩1分くらい
「オントレ・ドゥ・シャトウ」 という 欧風関西料理屋さんです。

いきなり 一回から怪しげなエスカレータでお店まで上がります。

コース(3500円) 
前菜
野菜の炊き合わせ(写真のやつ)
鮮魚のお造り
焼きおにぎり 

ワインも3酒類を試飲してからボトルを選ばしてもらえて 日本酒も豊富!

やけに 八海山 が美味しかったなー


居酒屋や肉料理にあきた方に お薦めです。

オントレ・ドゥ・シャトウ 03-5496-1668

オントレ ドゥ シャトウ (yahoo グルメ)
横浜出没
今日は神奈川県のとある現場に行って来ました。

神戸営業所を9時半過ぎに出発し、スカイマーク神戸発羽田行きで羽田に移動しました。

過去ブログにも書きましたが、スカイマークのB737-800のウイングレッド(主翼のさきっちょが上に曲がってるところ)にハートスペードのマークが着いている最新機体2機がそれぞれ1機あります。

確かウイングレットの外側のみで機内からは見えなかったハズですが、今日乗った機体はウイングレットの内側にもハートのマークが着いていました。

登場前 女の子二人組がハートマークに気付きゃっきゃっしてましたが... 

このミーハーめ~ (←死語?)(いやいや僕がNG?)

今日は離陸後 終始揺れっぱなしで かなり、へろへろになりましたが 無事到着。

最近ボンバルディアの事故で数十人が亡くなっているので、
遺書用のノートと緊急時の携帯(電源はOFF ←そういうのはきっちり守る濱口)
をポケットに入れ 日刊工業新聞を読む。

読み終わると、おもぐろに スカイマーク2月号を読む、今回のはつまらなかった。

昼過ぎに羽田に到着し、京急鶴見に移動。 事務所に寄ってから

オロチョンラーメン5倍(700円)をいただき 現場に向かった。

横浜の現場では PRESAGE-SXのスペック3の最終バージョン-1をカスタマイズして帰ってきました。

その後 コンプレッサメーカーの東日本を統括する次長さんとミーティングし解散しました。
工場のオール電化
工場のエネルギーといえば 

モーターや制御などに使用する電気と燃焼して使用する 
ガス、重油、ガソリン、軽油などに分かれます。

発電、炉・釜、ボイラーなどこれらの化石燃料による燃焼による設備に変化が起こっています。

シャープの工場で導入するなど太陽光発電や風力発電を導入する企業や遠方の風力発電の電力を購入するなどクリーンエネルギーへの移行はわずかながら進展しつつあります。

近年、家庭用でもおなじみになってきた ヒートポンプ の工場向け製品の開発が進んでいます。

ヒートポンプは圧縮機で気体を圧縮機し発生した熱量で水を温めます。

極端なイメージですが、水冷式コンプレッサの冷却水を他の用途に使用する感じですね。

家庭用などは主に給湯に使用するので60℃未満で十分でしたが、工業用となると最低でも80℃はないと使用出来ないため開発が進んでいましたが、神戸製鋼など数社が工業向けヒートポンプ事業展開を行うようです。

三浦・荏原など貫流小型ボーラーをボイラー室で台数制御し工場設備に配管で末端設備に蒸気を送るのに比べ、末端の設備に直接必要量のみを取り付けロスを軽減するといったイメージでしょうか?

弊社もボイラー用の台数制御盤 PRESAGE-BZ を開発しましたが、今後はヒートポンプの販売や台数制御の開発なども検討したいと思います。
輸入車も大変!!
輸入車の1月の販売上位6位は
()内は前年同月比

VW   1,872台(-38.1%)
ベンツ  1,416台(-39.1%)
BMW  1,165台(-33.5%)
トヨタ     836台(2.1倍)
アウディ   606台(-22.8%)
mini      464台(-29.5%)

全体で 37.2%の減

今データはありませんが輸入車の中で唯一アウディだけが年末まで前年同月比を維持していたようですが さすがに この1月は厳しい状態になってますね~。

関西ではかなり有名なBMW正規ディーラーの㈱服部モーター商会が2008年9月12日に大阪地裁に民事再生法の適用申請をしていたらしい。

年末に車雑誌でモトーレン京都という店が服部モーター商会を傘下に入れたという記事を読んだことがあったが、大阪、神戸で複数の店を出していて格がが違うし、外資のM&Aでもあったのかと思っていたら 
結局のところ、新規出店のやりすぎで借入金の金利が収益悪化したそうです。負債は約50億!

車ディーラーも大変ですなー
IHI 圧縮機 製造拠点
またまた 日刊工業新聞ねたですが IHIは中型圧縮機の製造を横浜と長野の2カ所で行っていたのを横浜1カ所にするそうです。

ちなみに IHIでは 2000~6000KWの中型圧縮機 と 6000KW~14000KW 大型圧縮機は IHI横浜第2工場で製造し、2000KW未満の汎用小型機は長野県辰野町のICM(IHI回転機械)で製造しているそうです。

お~ 重工業って感じですよねっ!

IHIは大型レシプロ圧縮機で世界トップ!

競合は神戸製鋼 大型のコンプレッサは主に石油化学や石油精製に使用されてるらしい。


1000KW程度のターボとかは制御したことありますけど

さすがに このレンジになると別世界ですね~
工作機械情報
日刊工業新聞によると 08年12月の主要工作機械 売り上げは 単位は百万円
()内は前年同月比

牧野フライス  2,220(-68.3%)
森精機     5,804(-58.4%)
オークマ     4,514(-68.4%)
OKK         900(-68.5%)
三井精機      303(-80.5%)
ジェイテクト   1,250(-80.2%)
東芝機械Gr   1,971(-52.5%)
ツガミ       1,122(-65.0%)
三菱重工     1,177(-72.6%)
コマツ       4,650(-75.1%)

アマダ      11,478(-46.1%)
※板金機械・プレス、切削を含む

とのことで、やはりとんでもなく 落ち込んでいるようですね。

基本すべて 国内外の設備延期などが効いているようで 私が調べた範囲では

多くの企業が今期中(2009年3月末まで)は設備投資関連を先延ばしにするという
暫定的な処置が多いようです。

食品医薬系を除く製造業に関しては コンプレッサのメンテナンスなども 3月末まで
減少傾向となるかもしれません。

底はみえませんが、回復する前に 工場設備のオーバーホール(当然コンプレッサも) や省エネ対策など 改めて検討していただきたいと思います。

私見ではありますが、今回の底なしの景気落ち込み方は、一度回復を始めるとすごい勢いで回復するのではないかと考えています。阪神大震災後の復興みたいに 


今のうちに設備を整え人材教育などにより会社自体のレベルアップに最適な時期ではないでしょうか?弊社では代理店・販売店・エンドユーザー向けにコンプレッサとISOとの関連とコンプレッサ設備を勉強して頂けるe-laerningをHP上に載せております。是非、ご活用下さい。

コンプレッサ関連 ISO e-learning WEB

コンプレッサの基礎 設備関連 e-learning WEB 
自動車関連情報
日刊工業新聞によると 1月の新車販売台数は
()内は前年度同月比

トヨタ   81,985台(-22.5%)
レクサス  1,270台(-57.7%)
日産   30,786台(-31.1%)
ホンダ  22,087台(-30.7%)
三菱    2,988台(-53.9%)
マツダ  10,701台(-34.5%)
スズキ   4,557台(-17.2%)
ダイハツ    840台 (59.1%)
スバル  4,088台(-28.2%)
ふそう  1,506台(-33.6%)
いすず  2,633台(-33.2%)
日野   1,963台(-27.3%)
日産D    362台(-46.4%)
その他  8,515台(-30.4%)

と前年同月比で約20%減になっている。

ダイハツさんの数字の意味がよくわからないが、さすがトヨタって感じですよねぇ~

これに海外向けの減産ですから メーカーも大変!! 

部品サプライヤーは当然外車向けもあるでしょうから とんでもないことになってますね。

ただ軽自動車はまだ踏ん張っているらしく、日産もスズキからのOEMの軽を強化したり

トヨタ販売店もダイハツ車の販売を検討してるとか 変化があるようですね。


モデルチェンジ時期も延期方向の車種も増えているようで それに伴う 工場ラインの変更や

工作機械などの設備も延期だとかで 負の連鎖が続きます。


3月まで 消費税3% 自動車税免除とかにしたら あわてて みんな買うんじゃないのかな?

う~ん
Q&A 濱口は何を? その1
濱口社長は何をしているんですか?と質問されることが多くあります。

弊社は現時点で空気圧縮機の修理・メンテナンスを行うメンテナンス業務 と 空気圧縮機及び周辺機器を中心とする設備工事業務 省エネ環境改善提案を行うソリューション業務の3事業を展開しています。

サラリーマン時代(大学を卒業して入社した、別オーナーの)会社のメンテナンス事業部を立ち上げる時から一貫して私だけがやっている業務があります。

企画経営開発です。

現在のアイティーアイ・コンプレッサ株式会社のベースとなる会社は取引商社が1社から始まりました。

もともと コンプレッサのメンテナンス業界はサービス業とはかけ離れた、閉鎖的で特殊な業種でした。阪神間という地域性もあるでしょうし、そして不景気にあまり影響を受けにくいと言われるコンプレッサのメンテナンス業界という形態にもよると思います。

取引商社を数年で約100社まで増やす方法、細かな手法などは弊社の社員ですら教えていません、
僕も今年で40歳ですので、そろそろ引き継ぐ時期だと思っていますが

いずれにしても、弊社を使って頂ける販売レンジを広げ仕事を落として頂くシステム作りをしている訳です。当然ほっておいて増えるものではありませんし、様々な要因で減少方向であることは確かです。

<その2へつづく>